ホーム > ブログ > JAグループ > JA自己改革 > JA大阪センタービル前(淀屋橋)でJA大阪市が「JA夕市」を開催しました!②

JA大阪センタービル前(淀屋橋)でJA大阪市が「JA夕市」を開催しました!②

12月13日、JA大阪市は管内で生産される新鮮な旬の農産物をPRするため、農産物直売イベント「JA夕市」をJA大阪センタービル前(大阪市中央区)にて開催しました。

JA大阪市は、管内の生産者と来場者との交流の場となっているこの夕市に、11月8日に続き今年2回目の開催です。

野菜の販売コーナー.JPG

野菜の販売コーナー

今回はなにわの伝統野菜である「田辺大根」「金時人参」や、今がまさに旬の「白菜」「ブロッコリー」などJA大阪市の管内で生産された新鮮な野菜や、「葉ボタン」「パンジー」などのお正月や季節を意識した花苗が並び、野菜や花苗などで買い物カゴをいっぱいにするお客様もたくさんいました。

田辺大根.JPG

金時人参.JPG

なにわの伝統野菜である「田辺大根」と「金時人参」

今回の出展者でもある藤本泰一郎氏(JA大阪市・夕市会長)は「この夕市は後継者不足・休耕地問題など農業を取り巻く環境が厳しくなる中、生産者同士が協力して旬の大阪市内産の野菜を出展しています。特にビジネス街で働く若い人たちに大阪市内で生産された野菜を味わって欲しいと思っています。」と述べられました。

今回の夕市で特に人気だったのが、鍋料理には欠かせない定番の「白菜」や「小松菜」「チンゲン菜」などの葉物野菜で販売開始から1時間も経たずに完売していました。

来場客からは「ビジネス街で大阪産の野菜を購入できるのは嬉しい」や「これから野菜を購入する際は大阪産を意識します」などの声もあり、盛況な夕市となりました。

花苗の販売コーナー.JPG

花苗の販売コーナー

  


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

 

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

 

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

 

  

 

関連記事