ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 旬菜新聞 2017年冬号 旬菜教室 葉物野菜の選び方&保存法

旬菜新聞 2017年冬号 旬菜教室 葉物野菜の選び方&保存法

JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所JA店舗で配布しています。

旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。

今回はその中から2017年冬号に掲載している「旬菜教室 葉物野菜の選び方&保存法」を紹介いたします。

 

キャベツ
外葉がラップ代わりに

winter14904.jpg

選び方

葉の緑色が鮮やかでハリとツヤがあるもの▼冬キャベツは巻きがしっかりしていて、重量感のあるもの▼できれば外葉付きのもの(水分を逃さず、ラップの役割をしてくれる)

〈カットキャベツの場合〉葉が隙間なくぎっしりと詰まっているもの▼芯が大きすぎないもの(高さが全体の2/3以内)

 

保存法

 

≪常温≫1~2週間(冬季)
約5℃までの涼しい環境を好むため、冬場以外は冷蔵か冷凍保存

 

≪冷蔵≫2~3週間

芯をくり抜き、ぬらしたキッチンペーパーを詰める。カットした場合、きっちりとラップで包む

キャベツ冷蔵.jpg

 

 

≪冷凍≫3~4週間

カットして生のままか、さっとゆでて冷凍しても可

キャベツ冷凍.jpg

 

 


小松菜・春菊
乾燥対策でみずみずしさが続く

komatunasyungiku.jpg

選び方

●小松菜
葉の緑色が濃く、肉厚でやわらかいもの▼茎は少し緑がかっていて太いもの(歯ごたえが良い印)▼株がふっくらと太いもの▼葉脈が太すぎるものは硬くなっているため×

●春菊
葉がきれいな緑色のもの。黄色味を帯びているものは古くなっているため×▼香りが強いもの▼茎が太すぎるものは成長しすぎて硬くなっているため×

 

保存法

≪冷蔵≫2~3日(乾燥対策ありで5日)

乾燥に弱いため、さっと洗ってからぬれた新聞紙などに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で立てて保存。カットしたものが残った場合は、さっとゆでて保存した方が長持ちする

葉物冷蔵.jpg

 

≪冷凍≫3~4週間

硬めに塩ゆでしたものを冷水にさらし、水気をよく絞ってから冷凍。ゆでたものは汁物にそのまま入れて使える。生のまま冷凍しても可

葉物冷凍.jpg

 

 

保存レシピ「ザワークラウト」

キャベツアレンジ.jpg 1 千切りキャベツ(1/2 個・400g)に塩(8g)、好みでキャラウェイシード少々を振り、しんなりするまでもむ

2 水分も一緒に保存瓶(熱湯消毒済み)にギュウギュウに詰め、ローリエを入れてフタを。室温で5~7日、発酵させる

3 水分が上がってきて酸っぱくなったら成功。発酵後は冷蔵庫保存(2週間)

 

監修

檜枝 ちひろさん

健康栄養支援センター

管理栄養士・フードコーディネーター

 

※この記事は、2017年冬号の旬菜新聞(発行:JA大阪中央会、制作:産経新聞、編集:サンケイリビング新聞社)に掲載されたものです。


JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

 

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

 

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

 

関連記事