ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 旬菜新聞 夏号 旬菜レシピの紹介

旬菜新聞 夏号 旬菜レシピの紹介

JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所JA店舗で配布しています。

旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。

今回はその中から2018年夏号に掲載している、旬菜レシピ様を紹介いたします。

夏野菜をヘルシーに韓流仕立ての時短メニュー

暑い日は料理をするのもおっくうになりがち。料理研究家の福西ひろみさんが、ほとんど火を使わずにできる、夏にぴったりな時短メニューを教えてくれました。


※材料はすべて4人分

D75_2395(福西先生).jpg

料理研究家・福西ひろみさん
大阪市北区の料理教室「ウィリークッキング」主宰。ホームパーティー感覚のレッスンで、ごはんにもお酒にも合う料理が学べます。センスあふれるテーブルコーディネートも好評。

使った旬のなにわ特産品はコレ!

泉州水なす
泉州地域で江戸時代から栽培。果肉はやわらかく、ジューシー。皮も薄く、甘みがあり、アクが少ないので、生食や浅漬けがおすすめです。
収穫最盛期=4月~9月

大阪なす
南河内地域特産の色鮮やかな中長のナス。肉質がやわらかく、色つやがよいのが特徴です。焼きナスや揚げナスなどに最適。
収穫最盛期=4月~8月中旬

大阪えだまめ
大阪府中部地域や泉州地域を中心に栽培され、甘くて大粒。塩ゆではもちろん、サラダやスープにも利用できます。
収穫最盛期=7月~8月

大阪ねぎ
泉州地域を中心に古くから栽培。夏から冬にかけて味わえますが、寒くなると甘みが増します。煮物や炒め物、鍋物など、幅広い料理に◎。
収穫最盛期=7月~3月

大阪ぶどう
生産量は全国第7位。南河内地域と柏原市、交野市が主な産地です。甘みがあり、デラウエアやピオーネなど品種は30 種以上。ワインの生産も盛んです。
収穫最盛期=5月~8月

大阪もも
主に岸和田市と河内長野市で栽培。岸和田市の「包近(かねちか)の桃」、河内長野市の「小山田の桃」が有名。木上で完熟させるため、糖度の高さが魅力です。
収穫最盛期=7月~8月中旬


■栄養たっぷり夏にぴったりの冷麺
大阪なすと大阪えだまめのコングクス

調理時間30分※粗熱を取る時間含まず

D75_2314(メイン_コングクス).jpg

韓国の豆乳冷麺「コングクス」に、ナスと枝豆のナムルをたっぷりのせ、栄養面でもうれしい一品に。麺や蒸し鶏、キムチを各自で取り分け、豆乳スープにつけて食べるスタイルにすれば、大人数の集まりにも対応できます。レンジで作る蒸しナスと蒸し鶏は、余熱で火が通るので、加熱し過ぎに注意して。

[材料]
ナス…3個(約300g)
塩ゆで枝豆…150g(豆のみ)
鶏ムネ肉…1枚(約300g) 
酒…大さじ2
塩…小さじ1/2
青ネギ…適量
そうめん…300g
ゆで卵…2個
粉唐辛子…適量
キムチ・韓国のり(好みで)…各適量

<豆乳スープ>
豆乳(成分無調整)…600cc
白練りゴマ…大さじ3
めんつゆ(4倍濃縮)…100cc
鶏ムネ肉の蒸し汁…全量

<合わせ調味料>
しょうゆ・白すりゴマ・ゴマ油…各大さじ2

[作り方]
①ナスは1本ずつラップで包み、600Wの電子レンジで1分30秒、上下を返してさらに1分30秒加熱して、角切りにする。塩ゆで枝豆と一緒に<合わせ調味料>であえる(ナス100gあたり、600Wで約1分加熱が目安)。


②鶏ムネ肉は皮を取り除き、包丁で厚みを均等に切り開く。耐熱皿にのせ、酒・塩を全体にまぶして約10分おき、ラップをして600Wの電子レンジで3~4分加熱する。そのままの状態で粗熱を取り、薄切りに(鶏から出た蒸し汁は捨てずに、スープに使用する)。


③<豆乳スープ>の白練りゴマ・めんつゆを、ダマがなくなるようにしっかり混ぜ合わせ、豆乳・鶏ムネ肉の蒸し汁を加えて、冷蔵庫で冷やしておく。


④そうめんをゆで、ザルにとって水洗いし、器に盛り分ける。上から③を注ぎ、①・②・斜め薄切りにした青ネギ・ゆで卵半分を添え、粉唐辛子をふる。キムチや韓国のりなど、好みの具材を加える。


甘辛ダレを絡めたサラダ感覚の一品
泉州水なすと大阪ねぎのタコフェ

調理時間10分

D75_2344(タコフェ).jpgコチュジャンと酢を合わせたタレ(チョコチュジャン)に絡めて食べる、韓国の刺し身「フェ」。タコをメインに、水ナスとネギを加えてサラダ仕立てに。時間がたつと水っぽくなるので、タレは食べる直前にあえるのがポイント。タコをイカに代えたり、レタスやチシャ菜に包むのもおすすめです。

[材料]
水ナス…1個(約150g)
キュウリ…1/2本
ゆでダコ…200g
ネギ…2~3本
みつば・セリなど…各適量
白ゴマ・粉唐辛子…各適量
松の実・韓国のり(あれば)…各適量

<タレ>
コチュジャン・白みそ・酢・ゴマ油…各大さじ2
砂糖…小さじ1

[作り方]
①水ナス・キュウリ・ゆでダコは一口大の薄切り、ネギ・みつば・セリなどは4㎝の長さに切る。

②ボウルに<タレ>の材料を入れ、混ぜ合わせる。①を加えてザックリあえる。

③器に盛り、白ゴマ・粉唐辛子を散らす。あれば、松の実を散らしたり、韓国のりを添えても。


ミルク氷とフルーツコンポートでリッチに
大阪ももと大阪ぶどうのパッピンス

調理時間20分※冷やす、凍らす時間含まず

D75_2376(パッピンス).jpg

削った氷にゆで小豆や白玉、バニラアイスなどをトッピングして、かき混ぜながら食べる韓国の氷菓「パッピンス」を、モモとブドウのコンポートでぜいたくにアレンジ。フレッシュフルーツで作るコンポートは上品な甘さで、ミルク味のまろやかな舌触りの氷と相性バツグンです。
 
[材料]
<氷>
牛乳…600cc
加糖練乳…100cc

<モモのコンポート>
モモ…約300g
グラニュー糖…50g
レモン果汁…大さじ2
好みのリキュール…大さじ1
水…200cc

<ブドウのコンポート>
ブドウ(ピオーネ、巨峰、デラウエアなど)…約300g
グラニュー糖…50g
レモン果汁…大さじ2
好みのリキュール…大さじ1
水…200cc

<トッピング>
バニラアイスクリーム・ゆで小豆・白玉など(好みで)…各適量

[作り方]
①<氷>の材料を混ぜ合わせ、製氷皿などに入れ、冷凍庫で凍らせておく。

②<モモのコンポート>は、くし形に切ったモモ・グラニュー糖・レモン果汁・リキュール・水を耐熱容器に入れ、ラップをかけて600Wのレンジで約5分加熱する。そのまま粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく。

③<ブドウのコンポート>は、ブドウ・グラニュー糖・レモン果汁・リキュール・水を耐熱容器に入れ、ラップをかけて600Wのレンジで約5分加熱。そのまま粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく。

④カキ氷器を使って①の氷を削り、器に入れる。②・③の果肉とシロップを回しかけ、好みのトッピングと一緒に盛り付ける。

※この記事は、2018年夏号の旬菜新聞(発行:JA大阪中央会、制作:産経新聞、編集:サンケイリビング新聞社)に掲載されたものです。


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  

参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

 

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事