ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 旬菜新聞(春号) トマト農家 寺本豊さんの紹介

旬菜新聞(春号) トマト農家 寺本豊さんの紹介

JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所JA店舗で配布しています。

旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。

今回はその中から2018年春号に掲載している、トマト農家 寺本豊さんを紹介いたします。

メインIMG_6958.JPG

高槻市の三箇牧(さんがまき)地域で農園を営む、寺本豊さん。
農園の創始者である祖父の代から、大玉トマトを作り始めて50年になります。「トマト栽培は大変難しいのですが、祖父は「誰にもできんことをやらなあかん」と、取り組み始めたそうです」 大切なのが、土作り。初代はかつて、化成肥料の使用を試みたそうですが、思うようにトマトが育たず、他県の農家へ教えを請うことに。そこで学んだのは、「ラクしてええもんはでけへん」ということ。以来、有機肥料にこだわり、現在は、かつお節や昆布を発酵させた肥料なども使います。苗の定植前に肥料を施す「待ち肥(まちごえ)」を行い、栄養が実にたっぷりといきわたるよう、水やりも最少限に。トマトの生育に気を配る日々です。

 

年間80トンを出荷
昔食べた懐かしい味と好評

 大変なのは、大雨や台風、猛暑などの異常気象。「土の温度が30度以上にならないよう、カーテンをかけたり、風通しを良くするなど、夏場は苦心します」と寺本さん。「苗がしっかりしないと、その後の生育に影響する」というポリシーのもと、現在は6つのハウスで種から育苗し、およそ3カ月ほどかけて収穫へ。大切に育てられたトマトは、10月から翌年6月まで「三箇牧トマト」として出荷。
その出荷量は年間80トンにも。これは苗約1万2000本、トマトでは約40万個に相当します。 おいしいトマトの見分け方は、「まず色の濃さ。そして、おしり部分に星型の印があること。表面に細かな白い斑点が多いものは避けて」と寺本さん。お客さんからは、「昔食べたトマトの味がする」と好評です。おすすめの食べ方は丸かぶり。何もつけなくても、おいしくいただけます。
 「自分の責任で、一からものを作り上げる喜びがやりがいに。今後も安定供給を目指して、新しいことにも挑戦し、多くの人に喜んでもらえたら」と意気込みます。

寺本 豊さん(33歳)
京都府立大学を卒業後、実家の寺本農園へ。JAたかつき管内の「三箇牧トマト部会」会員。寺本さんの野菜は、ハウスに併設された直売所などで購入できます。

※2月上旬に取材・撮影

サブ1IMG_6978.JPG

実への日当たりを妨げないよう、余分な葉をカットします

サブ2IMG_6994.JPG

艶やかな大玉トマト。食べた後に舌先にすっと酸味が残り、トマト本来の香りが楽しめます

※この記事は、2018年春号の旬菜新聞(発行:JA大阪中央会、制作:産経新聞、編集:サンケイリビング新聞社)に掲載されたものです。


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  

参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

 

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事