ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 旬菜新聞(春号)地産地消を応援! 旬彩レストラン

旬菜新聞(春号)地産地消を応援! 旬彩レストラン

JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所JA店舗で配布しています。

旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。

今回はその中から2018年春号に掲載している、大阪の農業と地産地消を応援する飲食店を紹介いたします。

肉バル 肉焼屋ワイン部 ジャストMEAT

 炭火焼きの牛串が名物の「肉バル 肉焼屋 ワイン部ジャストMEAT」(JR野田駅徒歩3分)。多彩なメニューの中でも人気なのが、大阪産水菜を使った炙りステーキカルパッチョです。 「レアのモモ肉と水菜は相性抜群。ワインも進む一品です」と、店長の森大祐さん。中央市場から仕入れる大阪産水菜は、新鮮でシャキシャキした食感。お肉で巻き、バルサミコソースをつければ、さらにサッパリと楽しめます。「クセがなく、どの食材とも合わせやすい野菜。良さをいかすならやはり生。ジャーサラダでも使用しています」。お肉と水菜とワインのマリアージュ、ぜひお試しを。

カルビ串が大人気

肉バルジャストMEAT店長.jpg店長 森 大祐さん

全長60cm、360gの名物「ジャンボカルビ串」は必食。ワイン14本を含む全60品が楽しめる時間無制限の飲み放題も好評です。


大阪産お野菜MENU

肉バルジャストMEAT料理.jpg
炙りステーキカルパッチョ
880円(税別)

香ばしい炭火焼きで、モモ肉をレアに。やわらかなお肉とシャキシャキの水菜とのバランスも絶妙。

@店舗DATA@
肉バル 肉焼屋ワイン部 ジャストMEAT

住所 大阪市福島区吉野2-1-7

電話 06-6447-2994

WEB https://www.meat-wine.jp/pc/

定休日 無休



イタリアンダイニング La Promessa 心斎橋

地下鉄心斎橋駅から徒歩5分、野菜ソムリエの資格を持つオーナー厳選の野菜を使ったイタリアンが楽しめる「ラプロメッサ 心斎橋」。おすすめは、岸和田の農家から仕入れる有機栽培の里芋を使ったパスタ。里芋を素揚げにして、奈良の明日香キクラゲと和風ソースであえた一品です。 「家庭では煮物に使うことが多い里芋ですが、油で揚げると、さらにしっとりホクホクの食感が楽しめます」と、オーナーの箕輪明さん。イタリアンとの組み合わせは人気も上々。今後も大阪産野菜を多彩なアレンジで味わってもらえるよう、アヒージョやピザなど、さまざまなメニューを考案中です。


野菜とチーズの料理が自慢

ラプロメッサオーナー.jpgオーナー 箕輪 明さん

野菜やチーズを使った料理が自慢。都会のど真ん中にありながら、ゆったり広々とした空間で、イタリアンをお楽しみいただけます。


大阪産お野菜MENU

ラプロメッサ料理.jpg
大阪産里芋と明日香キクラゲのジャポネーゼ
1250円(税別)

里芋とキクラゲの食感も楽しいパスタ。和風ダシをベースにアレンジを加えたソースがポイント。

@店舗DATA@
イタリアンダイニング La Promessa ~ラ プロメッサ~心斎橋

住所 大阪市中央区東心斎橋1-14-14 TKビル地下2階

電話 06-4708-3632

WEB https://lapromessa.owst.jp/

定休日 火曜

※この記事は、2018年春号の旬菜新聞(発行:JA大阪中央会、制作:産経新聞、編集:サンケイリビング新聞社)に掲載されたものです。


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  

参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

 

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事