ホーム > ブログ > レシピ > 地産地消応援レシピ「BONOcafe」春野菜をおしゃれなフリッターに

地産地消応援レシピ「BONOcafe」春野菜をおしゃれなフリッターに

 今回ご紹介するのは、茨木市民に愛される自然食カフェ「BONOcafe」です。2007年のオープン以来、地元野菜を生かしたバラエティー豊かな料理が人気を集めています。

 

03_23-001_R.jpg

03_23-003_R.jpg店内は、木材を基調とした柔らかな雰囲気。午後になると窓から心地よい木漏れ日が差し込みます。

 03_23-043_R.jpg

 

店頭では、料理に使われる地元・茨木産の野菜や卵、お米を販売しています。食事後、「おいしかったから」と購入するお客さんも少なくないとか。

 03_23-007_R.jpg

03_23-012_R.jpg

03_23-008_R.jpg

 

また、カラフルな彩りが並ぶ瓶は、旬の果実を使った手作りジャムです。余分な糖分を使っていないため、果実の濃度が高く、素材本来の甘みや香りをそのまま楽しむことができます。

 03_23-009_R.jpg

 

 

今回、店主の樋口さんに教えていただいたのは春野菜を使ったフリッターです。

 

(材料)

薄力粉…75g

片栗粉…75g

ベーキングパウダー…小さじ1杯

水…100CC

卵…1個

サラダ油…150g

春野菜…スナップエンドウや筍などお好みのものを。

 

1、上記の材料を全て混ぜ、ダマがなくなるまで泡立てる。

2、やや高温の180度くらいの油であげる。

 

野菜の他に、ウインナーやエビもおすすめ。ウインナーをフリッターにするとアメリカンドッグのような仕上がりになり、子どもさんからも大好評! エビは、マヨネーズとスイートチリソースを混ぜた自家製ソースと一緒に食べるとおいしいそうです。

 

驚くほど簡単なのに、見た目も華やかで大人も子どもも楽しめるフリッター。春野菜の楽しみ方の一つとして、ぜひご家庭で作ってみてください。

 

 


【BONOcafe】

03_23-001_R.jpg

住所:大阪府茨木市水尾2-14-35

電話番号:072-632-5124

アクセス:阪急京都線茨木市駅 徒歩15分

阪急京都線南茨木駅 徒歩20分

営業時間:11:00~16:00

定休日:日曜・祝日

総席数:35席

ぐるなび:https://r.gnavi.co.jp/4vh6pmjc0000/

関連記事