ホーム > ブログ > JAグループ > JA自己改革 > 第3回八尾若ごぼう品評会&八尾野菜即売会を開催!!

第3回八尾若ごぼう品評会&八尾野菜即売会を開催!!

 3月10日(土)、八尾市農業啓発推進協議会※はアリオ八尾1階レッドコートにて「第3回八尾若ごぼう品評会&八尾野菜販売会」を開催。イベントでは八尾若ごぼうの品評会の他、野菜王子こと土肥ポン太氏のトークショー、八尾若ごぼうの伝統の束ね方「矢型」の実演、八尾若ごぼうの試食会などが行われ、多くの方でにぎわいました。

※八尾市農業啓発推進協議会はJA大阪中河内、JAグリーン大阪、八尾市、農と緑の総合事務所で構成。

 

 開会セレモニーでは八尾市農業啓発推進協議会の宮内会長(JA大阪中河内 常務理事)から「本日のイベントを通して、八尾若ごぼうの良さを多くの方に実感してもらい、都市農業の振興につなげていきたい」と挨拶がありました。

IMG_5421.JPG 挨拶をする宮内会長

 

 本品評会の特徴は市民参加型であることです。研究所の職員や市場関係者等の専門家による審査員だけでなく、市民の方が八尾若ごぼうの軸の太さ、葉の状態、根の大きさなど、1束1束丁寧に審査し、投票します。今回は274票もの投票があり、大阪府知事賞には畑中広晃氏が選ばれ、表彰式では松井知事から賞状授与が行われました。

 また、土肥ポン太氏とJA大阪中河内成年部会連合会の竹田副会長によるトークショーは、会場を盛り上げました。まず、竹田副会長より成年部会連合会の農業振興に向けた取り組みが紹介され、竹田副会長は「成年部では地域農業の振興に向け、今後も地域を巻き込んだ取り組みを行っていきたい」と抱負を語りました。続いて土肥ポン太氏による八尾若ごぼうの伝統の束ね方「矢型」の実演や八尾若ごぼうの試食が行われました。土肥ポン太氏は「地元の方は身近すぎて八尾若ごぼう・八尾野菜の良さに気付いていない。もっと多くの方に知ってほしい」と来場者に伝えました。

 品評会に併せて八尾若ごぼうをはじめ、春菊など地元八尾の新鮮な野菜の販売や、八尾の若ごぼうの試食会も行われました。試食をきっかけに初めて八尾若ごぼうを購入された方もおられ、八尾若ごぼうの魅力満載のイベントとなりました。

トークショーで八尾野菜の良さを紹介.JPG トークショーで八尾野菜の良さを紹介

 

調理方法を説明しながら販売.JPG お客様に調理方法を説明するJA職員

 


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

 

   bnr_oyasaisan210.jpg  


参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。


この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

 

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

 

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

 

関連記事