ホーム > ブログ > 地産地消 > 生産者レポート(第3回おおさかNo-1グランプリ 準グランプリ受賞 株式会社プリローダ 大西千晶さん)

生産者レポート(第3回おおさかNo-1グランプリ 準グランプリ受賞 株式会社プリローダ 大西千晶さん)

大阪府箕面市は、都心へのアクセスの良さと自然豊かな住環境が魅力の住宅都市です。大阪梅田から車で20分といった都市近郊に位置しながら、明治の森箕面国定公園を中心にした北摂山系の山なみや市街地と共存する形で田んぼや畑が広がっています。

 

今回は箕面市で農業をスタートさせると同時に、第3回おおさかNo-1グランプリにて準グランプリを受賞された株式会社プリローダの大西千晶さんを取材してきました。

箕面市1.png

 大西さんは現在28歳。自分と同じ若い世代の農業者を増やすことが重要であると考え、20歳の時に自ら農業事業で起業。現在、株式会社プリローダの代表として農業による新しい価値の創造を目指しています。

 

「第3回おおさかNo-1グランプリ(準グランプリ受賞)」での獲得賞金を活用し、現在は土壌センサーの設置及び育苗施設を作るためビニールハウスの設置準備及び有機JAS取得に向けた準備を行われています。

 

※「第3回おおさかNo-1グランプリ」で発表したプランの詳細はこちらをご覧ください。

 URL:(https://www.oyasaisan.com/no-1gp-ohnishi/

 

 

<土壌センサーの設置とこだわりの土づくり>

土壌センサーによって計測した温度や湿度、土壌水分・pH値は常にクラウドで管理することができ、安定した水準の農産物を提供することができます。今後はその数値を消費者とも共有し、農産物の安全・安心性を示すことで付加価値を付けることを目指しています。

 箕面市3.png

 箕面市4.png

 

また、大西さんは土づくりにも注力。箕面市と協力し、広葉樹の枝等を主原料とするバーク堆肥を圃場に使用しています。また、能勢農場の牛糞堆肥やJAの油粕等を用いるなど、すべて地元大阪で購入したモノだけで土づくりを行っています。

 箕面市2.png

 

<育苗施設の建設>

現在、大西さんは育苗施設を作るべくハウスの建設にも注力しています。従業員3名とともにパイプハウスを作り、もうすぐ完成する予定です。育苗施設では同圃場で栽培するニンジンやダイコン、夏野菜の苗を自分たちの手で育苗する予定です。

 箕面市5.png

 

<農薬不使用野菜100%使用 コールドプレスジュース>

FARMACY JUICE。No-1グランプリにて準グランプリを受賞したテーマであり、栽培期間中農薬不使用野菜を使ったコールドプレスジュースです。大西さんは農業市場から医療市場に目を向け、体に良いFARMACY JUICEを医療分野で役立てることで、野菜摂取不足の一般消費者が抱える課題を解決に導きたいと考えています。

 箕面市6.png 

これから大阪農業をリードする存在として更なる活躍が期待される大西さん。FARMACY JUICEの販路拡大や育苗施設の建設、こだわりの土壌を用いた野菜生産など、これからも挑戦は続いていきます。

 


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事