ホーム > ブログ > JAグループ > JA自己改革 > JA北大阪支援型 農業体験貸農園の取り組み紹介

JA北大阪支援型 農業体験貸農園の取り組み紹介

JA北大阪が栽培指導等をサポートする「JA北大阪支援型 農業体験貸農園 畑のがっこう『しきんZan』」が、今年4月に吹田市にて開園しました。この農園は、JA組合員が園主である農業体験貸農園を、JAが管理・運営面等で支援しているものです。

農園は、吹田市のJR岸辺駅から徒歩約15分の閑静な住宅地の中にあり、全46区画(1区画18㎡・7畝)から成ります。利用者の年齢層は幅広く、定年退職後の夫婦や子連れのファミリー層等様々です。また、地域住民のほか、法人の利用する区画も一部あります。利用者は、園主(JA組合員)が中心となって策定した栽培計画等をもとに栽培を行っており、夏はキュウリ、ナス、トマト等、冬はダイコン、ブロッコリー、キャベツ等を栽培する予定としています。各区画のうち1畝は自由栽培スペースとなっており、夏にはゴーヤやズッキーニ、枝豆等、利用者それぞれが自分の作りたい野菜を栽培しました。

しきんZan.jpg

指導員による指導のもと、様々な作物を栽培

JAでは園主の依頼のもと、毎週水曜日・土曜日の午前中に、農園利用者への栽培指導を行っており、苗作りから定植・収穫等の作業全般を指導しています。利用者の中には農作業の経験が初めてという方も多く、毎週の栽培指導のほか、定期的に開催されている講習会等で指導員からのアドバイスを受けることにより、安心して野菜作りを楽しんでいらっしゃるようです。利用者が農園を訪れる頻度は様々ですが、中には毎朝農園に通い、自区画の管理を行うことをライフワークとされている方もおられるとのことです。

また、農園に併設された田んぼでの田植え・稲刈りの体験や、サツマイモ苗の植付け・収穫等、利用者を対象として、農業への理解をより深めていただき、楽しんでもらうためのイベントも開催されています。

農具.JPG

苗や肥料のほか、農具も一式用意されている

取り組みを通じて利用者からは、「採れたて野菜の良さ、おいしさがよくわかった」「野菜が苦手な子どもも、自分が作った野菜なら喜んで食べてくれる」「農家の大変さが部分的にかもしれないが理解できた」など、様々な声が寄せられています。

JAでは、「農園を通じて地域住民に農業に親しんでもらいたい。JAとして地域農業の振興を図るため、本農園をモデルケースに、農業体験貸農園事業を管内組合員に普及・拡大させていきたい」としています。

飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事