ホーム > ブログ > JAグループ > はじめの一歩村(新規就農研修) > 新規就農「はじめの一歩」村 現地レポート⑨ ~農地紹介ツアー~

新規就農「はじめの一歩」村 現地レポート⑨ ~農地紹介ツアー~

 新規就農者の育成に向けた取り組みである新規就農「はじめの一歩」村(以下、「一歩村」)において、一歩村近隣の農地紹介ツアー(農地見学)を実施しましたのでご紹介いたします。

 新規就農するためには、自身が農業を行うための農地を確保する必要があります。今回の活動は、農業者や新規就農希望者が現在実際に借り受けることが可能な農地を、受講生自身の目で確認することにより、受講生の将来の就農に向けたイメージを膨らませることを目的に実施されたものです。

 農地の見学にあたり、受講生たちは事前に「未来について考える」をテーマとして、自身の実現したい農業のスタイル、理念、目標等を整理するグループワークに取り組みました。受講生は、「新鮮・安全な野菜の良さを消費者に伝えたい」「家族経営でイチゴ栽培に取り組みたい」「有機・無農薬栽培に取り組むとともに、体験型農園も視野に入れたい」と、それぞれの考えや想いを語りました。

ワーク.JPG

自身の目指す農業経営について考える

 

 ワークに続き、大阪府職員から準農家制度(農業経営を目指す農業者以外の方が、小規模な農地を借りて農業へ参入する制度)についての説明がありました。職員は、準農家制度登録の要件や、準農家の申し込みに際しては事前に農地中間管理事業に応募する等し、就農予定地の目途をつけておく(農地を確保する)必要がある旨等、案内されました。

 その後、現在一歩村近隣で借り受け可能な農地2ヶ所(いずれも富田林市)を見学しました。周辺環境や土質等を熱心に確認し、受講生の一人は「書類上だけでなく、実際に農地の規模感や空気を感じることで、就農に向けたイメージが膨らんだ」と話されていました。

農地見学.JPG

 農地見学の様子

 

 一歩村の取り組みは、3月17日の修了式をもって一区切りを迎えます。受講生の中には、富田林市内の一歩村圃場やプロ農家の下で指導を受けたことがきっかけとなり、修了後に同市内での就農を検討している方もいらっしゃり、実際の就農場所となり得る候補地を見学したことで、大変参考となったようでした。


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

 

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

 

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

 

 

関連記事