ホーム > ブログ > いちごアカデミー > いちごアカデミー現地取材第3弾!~子株・孫株をポットに受ける~

いちごアカデミー現地取材第3弾!~子株・孫株をポットに受ける~

大阪府、河南町、千早赤阪村、JA大阪南では、「公」、「民」、「農」が連携して、いちごをテーマにした新たな地域活性化モデルを構築するため、「南河内いちごの楽園プロジェクト」を展開しています。同プロジェクトでは、南河内いちごのブランド「ちはや姫」(紅ほっぺ)を立ち上げております。また、河南町・千早赤阪村で新たにいちご栽培を始める農業者を育成する「いちごアカデミー」を平成30年2月14日に開講し、第1期受講生6組に対し、週に1回、同地域3か所の圃場にて実地研修を行っています。今回はいちご農家の福永氏が経営する圃場にて行われた実地研修(尾崎さん、西岡さんが参加)の様子を取材しております。

 姫.png

実地研修(子株・孫株のポット受け作業)

今回の実地研修では親株から伸びたランナー(ほふく茎)の先にできた子株、子株から伸びたランナーの先にできた孫株をポットに受け、定植する前の苗作りを行いました。いちごはランナーを通じて親株から子株・孫株へ栄養を送り、しっかりと自立するまで親株と繋げて育てます。それぞれの子株・孫株が根を張り、成長できるよう培養土をポットに入れ成長させていきます。作業内容について以下にまとめております。

 

<ポットの土入れ作業>

 ポットに培養土を入れ、子株・孫株を受ける準備を行います。福永さんのいちごづくりでは、子株・孫株だけでなく、曾孫、玄孫(やしゃご)、来孫(らいそん)、昆孫(こんそん)とランナーを伸ばしていきます。(※いちご農家の方々は子株を太郎、孫株を二郎、三郎、・・・と呼びます。)

準備.png 

<子株・孫株のポット受け>

ランナーを固定し、子株を培養土を入れたポットに入れ、育てていきます。たくさんのポットを用意し、一つの親株から50~60株に増えますが、1~2割程度は病気にかかったり、生育が悪くなるため、廃棄となります。

 ポット受け.png

親株.png

このようにポットに植えた子株・孫株は、8月中頃に親株と繋がっているランナーを切り離し、自立させます。その後、11月頃に定植し、1月頃には美味しい実を付けるまでに成長していきます。

 

(親株・子株・孫株)            

 親株・.png

 

(研修風景)

 研修風景1.png

<子株・孫株のポット受けについて説明する地元農家の福永さん(左)と研修生の尾崎さん(右)>

 研修風景2.png

 <子株を培養土を入れたポットに固定する西岡さん>

 

 

 【(参考)ちはや姫の品種<紅ほっぺ>とは・・・】

(紅ほっぺ)

⇒紅ほっぺは静岡県農業試験場(現農林技術研究所)で「章姫(あきひめ)」に「さちのか」を交配して育成された品種で、2002年に品種登録されています。「紅ほっぺ」という名前の由来は、果皮や果肉が美しい紅色をしていること、そしてほっぺが落ちるような食味の良さを表現しているそうです。紅ほっぺは実のサイズが大きく、甘味は強いですが、酸味もやや強いのが特徴です。いちご本来の甘酸っぱさと深い味わいが堪能できる品種です。

 

(ちはや姫の規格)

⇒南河内いちごの中で作られた紅ほっぺの中でも、以下の規格を満たすいちごが「ちはや姫」と呼ばれます。

・産地:河南町・千早赤阪村で栽培されたいちご

・生産者:(仮)「ちはや姫の里」の会員

・サイズ:平均40グラム以上の大粒

・収穫時期:がくの際まで赤くなった完熟収穫

・収穫時期:出荷当日の販売

・その他:品質について農家が厳選したもの


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事