ホーム > ブログ > いちごアカデミー > いちごアカデミー現地取材第2弾!~葉かき・摘花(摘果)作業について学ぼう~

いちごアカデミー現地取材第2弾!~葉かき・摘花(摘果)作業について学ぼう~

大阪府、河南町、千早赤阪村、JA大阪南では、「公」、「民」、「農」が連携して、いちごをテーマにした新たな地域活性化モデルを構築するため、「南河内いちごの楽園プロジェクト」を展開しています。同プロジェクトでは、南河内いちごのブランド「ちはや姫」(紅ほっぺ)を立ち上げております。また、河南町・千早赤阪村で新たにいちご栽培を始める農業者を育成する「いちごアカデミー」を平成30年2月14日に開講し、第1期受講生6組に対し、週に1回、同地域3か所の圃場にて実地研修を行っています。今回はいちご農家の福永氏が経営する圃場にて行われた実地研修(尾崎さん、岡本さん夫妻の計3名が参加)の様子を取材しております。

 姫.png

実地研修(葉かき・摘花作業)

今回の実地研修ではいちごづくりに欠かすことのできない葉かき・摘花(摘果)作業について学びました。葉かきとは、いちごの古くなった葉を整理することで、摘花(摘果)とは、花や大きくなる前の実を間引く作業です。双方ともにいちごの生育に密接に関わっており、重要な作業工程となります。葉かき、摘花(摘果)作業について以下にまとめております。

 

<葉かき作業>

 葉かき_前.png

<作業前>

 

葉かき_後.png <作業後>

 

<葉かき作業の効果>

・古い葉をかいて、次に出てくる葉を促進すると、太くしっかりした株になります。

・葉がたくさんあると過繁茂になってしまい、いちごが病気にかかりやすくなります。

⇒古い葉をとることで生育が良くなり、病気も減り、結果的に収穫量が増えます。

 

<摘花(摘果)作業>

 摘花前.png

<作業前>

 

最終.png

<作業後>

<摘花(摘果)作業の効果>

・小さい花(実)や生育の悪い花(実)を摘み取ることにより、残した花(実)に栄養を十分に与え、株への負担を減らします。

・摘花(摘果)することで実の大きさが揃い、収穫量や品質が安定します。

 

●研修を受講した感想

<尾崎さん>農業に興味を持ち、その中でもいちごに魅力を感じ、新規就農を目指しています。本だけではわからない部分を実際に学ぶことができるので、大変参考になりました。

<岡本さん夫妻>いちご栽培の経験はゼロでしたが、実際にいちごに触れながら学ぶことができるので、これからも知識を深めて2人で新規就農を目指します。

 実習風景.png

<福永さん(左端)の実習を受ける尾崎さん(左から2人目)と岡本さん夫妻(右から2人目、右端)>

<参考>実がなるまで!!

 6.png7.png8.png9.png10.png

 完成.png


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事