ホーム > ブログ > JAグループ > 「ガンバ秋穫祭」にて大阪産米の詰め放題を実施!

「ガンバ秋穫祭」にて大阪産米の詰め放題を実施!

 JAグループ大阪は、(株)ガンバ大阪と連携し、大阪産米のPR活動を行っております。11月10日(土)、「ガンバ秋穫祭」第2弾としてパナソニックスタジアム吹田(VS湘南ベルマーレ戦)にて、大阪産米のPRイベントを実施いたしました。

ガンバ4.png

イベントでは、ガンバ大阪サッカーホームゲーム観戦来場者を対象に「大阪産米のつめ放題」を開催。参加費は無料で、今回はJA北河内に用意いただいた「あゆみ米」と、ガンバ大阪アカデミー生のお米(田植え・稲刈り体験にて収穫した畑中農園のお米)を袋に詰めてもらいました。同時に「やるやん!大阪農業」のSNSを新規フォローいただいた方に先着300名限定で、大阪産米を使用した「おにぎり」を配布しました。当日はアカデミー生とコーチ陣が応援に駆け付け、「つめ放題」と「おにぎりプレゼント」は、2時間弱であっという間に終了となってしまいました。

ガンバ5.png

 

 ガンバ1.png

アカデミー生やコーチ陣が、「自分たちが育てたお米を使用しています!」と参加者に積極的に話しかけ、お米とおにぎりがなくなるまでPRを行い、大阪産米を介して有意義なファン感謝イベントともなりました。今後も、JAグループ大阪は㈱ガンバ大阪と連携し、様々なイベントを開催する予定です。

 ガンバ2.png

【アカデミー生の田植え体験の様子】

https://www.oyasaisan.com/gamba1806/

【アカデミー生稲刈り体験の様子】

https://www.oyasaisan.com/gunba181023/

【大阪産のお米情報】

温度差や気候条件の影響を受けやすいお米は、それぞれの地域環境に合わせて多くの品種が栽培されています。

大阪府内では、大阪の気候風土に合った「ヒノヒカリ」や「キヌヒカリ」が多く栽培されています。

今回の「大阪産米のつめ放題」イベントでは、「ヒノヒカリ」を用意しました。「ヒノヒカリ」はコシヒカリを父に持つ品種で、太陽を表す「日」と、光り輝くような粒であるところから命名されました。艶があってモチモチ感や粘り香りに優れ、「コシヒカリ」に優るとも劣らない極良食味品種です。白ご飯・和食・洋食・中華・にぎり寿司など用途を選ばず、冷めても味が変わらないのでお弁当にも最適です。大阪府では一番作付面積が多い品種で、非常に親しまれたお米です。

 


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

 

 

 

 

関連記事