ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 2018年 旬菜新聞 冬号 旬菜レストラン

2018年 旬菜新聞 冬号 旬菜レストラン

JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所JA店舗で配布しています。

旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。

今回はその中から2018年冬号に掲載している、旬菜レストランを紹介いたします。


地産地消を応援!旬彩レストラン

JAグループ大阪では、「大阪野菜をもっと知ってもらいたい」と地産地消プロジェクト「大阪産のお野菜さん」を展開中。大阪の農業と地産地消を応援する飲食店を紹介します。

まだまだある!
応援飲食店はコチラ
https://pr.gnavi.co.jp/promolist/osaka-oyasaisan/


cafe dining apricot(カフェダイニングアプリコット)

 近鉄富田林駅・富田林西口駅徒歩5分、本格イタリアンと和のメニューが気軽に楽しめる「カフェダイニングアプリコット」。今冬新登場した「山椒ジェノベ鍋」は、山椒が効いた爽やかでコクのあるブイヨンスープに、山盛りのムール貝、トマトやバジル、キャベツなどの大阪産野菜がたっぷり入った、今注目の“シビ辛”( しびれて辛いグルメ)のイタリアン鍋です。 「うま味のある新鮮な大阪産野菜の良さを生かしつつ、さまざまな料理に仕上げています」とオーナーの山口浩子さん。コース仕立ての全7品。大阪産野菜使用の3 種の前菜やサラダも一緒にどうぞ。


南大阪の野菜をくつろぎの空間で

アプリコット人.jpgオーナー 山口浩子さん

石窯焼きピッツアや、お昼のワンプレートランチも人気。野菜をたっぷり使った、ヘルシーな日替り宅配弁当もぜひお試しください。

お野菜MENU
山椒ジェノベ鍋コース 2000円(税別)

アプリコット料理.jpg

前菜、サラダ、ガーリックトースト、ドルチェにドリンク付き。鍋のシメのパスタも絶品。

cafe dining apricot

住所 富田林市常盤町8-14

電話 0721-23-8525

WEB https://akr2352889735.owst.jp/

定休日 月曜(祝日の場合は営業、翌火曜休)



大阪産(もん)料理 空 船場女将小路店

 大阪メトロ本町駅すぐ、船場センタービル地下の船場女将小路にある「大阪産( もん)料理 空」。扱う食材は、大阪全域の農家から仕入れる新鮮な旬野菜に、泉州の漁師から毎朝届く魚介、犬鳴ポークやウメビーフなどの大阪ブランド肉と、大阪産づくし。平成24年には大阪府主催「大阪産五つの星大賞」で大賞を受賞するなど、その取り組みが高く評価されています。
 「冬場のイチオシは泉州キャベツ。素材本来の味を感じられる蒸し野菜、犬鳴ポークと合わせた焼きギョーザも人気です」とオーナーの今井豊さん。おまかせコースも好評。地酒や地ビールと味わって。


食材の宝庫・大阪の旬の滋味が勢揃い

大阪産野菜人.jpg

今井豊さん・高原誠さん・石崎和美さん

粉もん以外にも大阪にはうまいものがたくさん。それを伝えたくて頑張っています。地元食材満載の大阪料理をお楽しみください。

お野菜MENU
大阪産空おまかせコース3500円(税別)
※プラス1500円で飲み放題

大阪産空料理.jpg

大阪産野菜の前菜やサラダ、お造り、お肉や揚げ物など充実。メインは鍋に変更も可能。


大阪産(もん)料理 空船場女将小路店

住所 大阪市中央区船場中央4-1-10
船場センタービル10号館地下1階

電話 06-6241-5855

WEB http://t-k-kikaku.co.jp/

定休日 日曜、祝日

出典:2018年 旬菜新聞 冬号 8面


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事