ホーム > ブログ > JAグループ > 旬菜新聞 > 2018年 旬菜新聞 冬号 旬菜教室

2018年 旬菜新聞 冬号 旬菜教室

JA大阪中央会では、「新鮮・おいしい野菜でみんなの笑顔をつくる情報紙」をモットーに年4回「JAおおさか旬菜新聞」を発行し、毎号約50,000部を府内JAの直売所JA店舗で配布しています。

旬菜新聞には、生産者へのインタビューや直売所トピックス、旬の「大阪産のお野菜さん」を使ったレシピなどの情報が盛りだくさん。

今回はその中から2018年冬号に掲載している、旬菜教室を紹介いたします。

旬菜教室 Vol.10
食べ方次第で栄養効果アップ

檜枝さん.jpg

監修
檜枝 ちひろさん
健康栄養支援センター
管理栄養士・フードコーディネーター

キャベツ

kyabetu.png

選び方
葉の緑色が鮮やかでハリとツヤがある▼葉の巻きがしっかりとして重量感がある

保存法
常温 1~2週間
涼しい部屋で保存。冬季以外は冷蔵庫へ

冷蔵 2~3週間
芯をくり抜き、ぬらしたキッチンペーパーを詰めてビニール袋に包む。カットすると黒ずんでくるので外側の葉から使う

芯ごとぬか漬けがおすすめ
 胃腸薬にも利用されるビタミンU(別名キャベジン)が、胃粘膜を保護し、消化を助けるといわれる。ぬか漬けにすれば、乳酸菌とダブルで胃腸への効果が期待できる。芯にもビタミンC などの栄養が豊富なので、芯ごと漬けて食べると◎。

レンコン

rennkonn.png

選び方
切り口・穴の中が黒ずんでいない▼丸みがある▼穴の大きさにばらつきが少ない

保存法
常温 2~3日
1節丸ごとなら冬季は常温保存可。乾燥に弱いため、新聞紙などで包み冷暗所へ。カットしたレンコンは冷蔵庫へ

冷蔵 数日~1週間
ビニール袋や新聞紙で包み、冷蔵庫の野菜室で保存

皮にポリフェノールたっぷり
 皮にポリフェノールの一種で、抗酸化作用のあるタンニンがたっぷり含まれているため、なるべく皮付きで調理を。すりおろしてスープに入れれば、栄養を丸ごと摂取できる。ショウガを加えれば、レンコンのとろみとの相乗効果で体ポカポカに。

春菊

syunngiku.png

選び方
葉がキレイな緑色で、黄色っぽくない▼茎が太すぎない▼香りが強い

保存法
冷蔵 5日
さっと洗って水気を切り、新聞紙で包む。ビニール袋に入れて、立てて保存
※乾燥と暖気に弱いため、常温保存には向かない

油で炒めてβ-カロテンを摂取
 抗酸化作用のあるβ-カロテンの含有量は、緑黄色野菜の中でもトップクラス。油で炒めると、β-カロテンの吸収率がアップする。みじん切りにした春菊を油で炒めてジェノベーゼ風ソースにし、パスタとあえるとたくさん摂取できる。

ミカン

mikann.png

選び方
ヘタが緑色で軸が細い▼皮が実から離れていない▼表面のツブツブ(油胞)が多い

保存法

常温 2~3週間
傷んだものは取り除き、涼しい部屋で保存。箱入りは新聞紙をかぶせ乾燥予防

冷蔵 1~2週間
暖房が避けられない場合は野菜室で保存。ビニール袋に入れて乾燥予防

ビタミンCが豊富、食後に食べて
 ビタミンC、クエン酸、β-クリプトキサンチンが豊富で、風邪予防や美肌効果が期待できる。薄皮や白いスジには、ビタミンC の働きを助けるビタミンP が豊富。食後は空腹時よりビタミンC の吸収率が上がるため、おやつよりはデザートがよい。

出典:2018年 旬菜新聞 冬号 7面


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事