ホーム > ブログ > 地産地消 > 地産地消応援店舗(飲食店) > 地産地消応援店舗取材「Label cafe」

地産地消応援店舗取材「Label cafe」

今回ご紹介する地産地消応援店舗は、中之島にある「Label cafe」さんです。

03_30-060.jpg堂島川の畔に建ち、窓辺に涼しげな風景が広がるこちらのお店は、デザイン会社がプロデュースするおしゃれな空間。

店内のインテリアは、パッと目をひくカラフルなソファーカバーから椅子、床材、壁のタイル…といずれも制作の際に出る廃材をリユースしたもの。デザインのチカラによって新たな息吹を吹き込まれたインテリアたちが店内を彩ります。

03_30-050.jpgまた階段を降りると地下フロアも。堂島川の水面より低い場所に位置し、窓辺から外を望むと頭上に川が流れているため、まるで周囲から少し隠れた秘密基地のよう。貸し切りのパーティなどにはぴったりの空間です。

 03_30-059.jpg料理は「地産地消」をテーマに、大阪産野菜をふんだんに使ったメニューがズラリ。大阪府内の農家から直接購入した新鮮な野菜が和洋さまざまな料理に姿を変えて登場します。また箕面ビールや北新地ビール、柏原産のワインなど、大阪産のお酒も豊富です。

 03_30-020.jpgもともと一軒の大阪府内の農家さんと直接取引をしていましたが、徐々にネットワークが広がり今では吹田市、松原市、千早赤阪村など大阪府内4軒の生産農家とお付き合いがあるそう。

店主の松岡さんによると、「ありがたいことに、それぞれの農家さんから週1回のペースで野菜を届けていただいています。ご本人と直接やりとりしていると、信頼できる人柄が理解でき、『この人の作った野菜なら間違いない』と安心して入荷することができます。

またそれぞれの野菜のおいしい食べ方や、生産状況など情報を教えてもらうことができるので、調理する際良いヒントになっています」と話します。

 03_30-002.jpg例えば、この時期なら、松原市にある上田ファームから真っ赤な西洋野菜「ビーツ」を仕入れています。こちらのファームでは、必要最低限の農薬で減農薬栽培に努めており、有機肥料にもこだわった安全・安心な野菜作りを目指しています。届いたビーツはまるまると育ち、鮮やかな赤色からしっかり栄養を得て育った様子が伝わってきます。

 他にも、吹田市にある井上ロケット農園からはミックスグリーンリーフやサニーレタスを。レタスをメインに生産する当農園からは新鮮でやわらかい葉物野菜が届きます。

 聞けば、この時期なら他にもイチゴ、カブ、小松菜ホウレンソウブロッコリーなど約10種類もの大阪産野菜が揃っているとか。それを、野菜ソムリエの資格を持つスタッフが旬の味わいを引き出し丁寧に調理しています。

 

なかでも圧倒的な人気を誇るのが、惣菜の盛り合わせ(900円:税込)です。

03_30-039.jpg入荷した野菜の中から選りすぐりのものを使い、日替わりで5種のお惣菜がお皿を彩ります。

「野菜をたくさん食べられる」とあって、美容や健康に意識の高い女性のオーダー率が高いそう。

新鮮な旬の大阪産野菜のオンパレードに、昼はランチメニューに、夜はお酒のおつまみにと喜ばれています。

 ちなみに、取材があったこの日は右上から時計回りに、ビーツのポテトサラダ、カリフラワーのクミン和え、ニンジンとピーマンのきんぴら、ブロッコリーとエリンギのアンチョビ炒め、そして中央の菜の花のおからです。

 ポテトサラダは、上田ファームで採れたビーツから出る自然の色素によってほのかに染まったピンク色が印象的。

女性客からは「かわいい!」と大好評だそうです。

 続いてカリフラワーのクミン和えは、大阪産のカリフラワーをボイルし、酢とオリーブオイル、クミンを入れてマリネに。カリフラワーのホロッと心地よい食感とともに、クミンのカレー風味が口の中に広がり、後味はサッパリ。まるでピクルスのような一品です。

 

そして、次は大阪産のブロッコリーとエリンギのアンチョビ炒め。絶妙なゆで加減によってブロッコリーは茎まで美味!エリンギの身にたっぷりとしみ込んだアンチョビソースが、噛むほどに口の中に広がります。

 そして、中央の菜の花を使ったおからは、大阪産の菜の花が主役。あっさり味のおからに菜の花のほろ苦さがよく合い、深みのある大人の味に仕上がっています。

 他にも、大阪産野菜を使った料理と言えば、ビーツのサラダ(900円:税込)がおすすめです。

03_30-033.jpg先ほどご紹介した井上ロケット農園のミックスグリーンリーフとサニーレタスに、上田ファームのビーツ、さらに、千早赤阪産のイチゴと赤軸ホウレンソウがお皿の上にたっぷり! そこにビーツを生ですり下ろした真っ赤なドレッシングをかけていただきます。

フレッシュでやわらかな葉物はふわっと軽い口当たりで食べやすく、ビーツの後からやってくるほろ苦さが味に奥行きを与えてくれるよう。酸味の効いたドレッシングともよく合い、一皿で多彩な野菜の味覚を楽しむことができます。

 そして最後は、大阪産野菜を使った焼き野菜の盛り合わせ(900円:税込)です。

03_30-035.jpgこちらは、アツアツの南部鉄器の上で、たまねぎ、ビーツ、菜の花、レンコン、カリフラワーなど大阪産の野菜をじんわり加熱させており、無駄な味付けをせず塩だけで味を調えたシンプルな料理。大阪産の良質な野菜だからこそできる一品です。

03_30-012.jpgそれぞれ食材のおいしさをダイレクトに味わえるなかで、特に印象的なのは泉州で採れた新たまねぎ(右手前)。生でも食べられる泉州産の新たまねぎのしっとりした皮からジュワーっと旨みが溢れ出るようです。またビーツ(左手前)は、焼くとホクッとしたやさしい食感。生に比べて甘みが増し新しい魅力を実感できます。ちょっと趣向を変えたいときは菜の花(中央)を。ほろ苦さがほどよく抑えられ、先端のプチプチ感と、茎のほどよい食感がたまりません。レンコン(左奥)、カリフラワー(右奥)もこんがり焼き目がついて香ばしく、何をつけなくても十分美味です!

大阪産野菜のポテンシャルの高さを改めて気づかされる料理が揃い、女性人気の高さも思わず納得。堂島川の自然豊かな風景とともに、大自然のおいしさを楽しませてくれるお店です。

【Label cafe】

住所:〒530-0047  大阪府大阪市北区西天満1-1-11 1F

電話番号:06-6366-1185

アクセス:地下鉄堺筋線 北浜駅 26番出口 徒歩3分

京阪本線 北浜駅 26番出口 徒歩3分

地下鉄谷町線 南森町駅 徒歩5分

JR東西線 大阪天満宮駅 徒歩5分

駐車場:無

営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)

※ディナータイムは予約のない場合20:00閉店、

定休日:日曜

総席数:40席

ぐるなび:https://r.gnavi.co.jp/kbyy100/


 


飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

 

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

 

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事