ホーム > ブログ > JAグループ > 「防災フェスタ2018 in Osaka」にJA共済連大阪が参画!!

「防災フェスタ2018 in Osaka」にJA共済連大阪が参画!!

9月2日(日)、JA共済連大阪は大阪南港にあるアジア太平洋トレードセンターITM棟(大阪市住之江区)で開催された「防災フェスタ2018 in Osaka」に特別協賛しました。

防災フェスタとは、家族みんなで見て、聞いて、体験して楽しみながら防災について学んでもらおうというイベントです。

会場では、JA共済のキャラクター「ひとのわグマ」や大阪府の「もずやん」等によるステージや起震車による地震体験、FMラジオの公開収録、防災グッズや備蓄品の展示・販売等が行われました。

JA共済のブースでは、地震や津波について学んでもらうために「大阪防災ガイド2018」や非常時の備蓄食としてJA北大阪の「飲めるごはん」の配布を行いました。

共済連ブースの様子.JPG

≪JA共済のブースの様子≫

 

 

また、野菜ソムリエによるスムージーの配布やママ向けセミナー、フォトスポットや縁日等を通じて野菜・果物の普及活動を行う“HITONOWA FARM(ひとのわファーム)”もあわせて展開されました。

特に“HITONOWA CAFE(ひとのわカフェ)”において実施した野菜ソムリエによる野菜・果物スムージーには、サポートセンターよりJA全農大阪を通じて大阪産の新鮮な「いちじく」「トマト」「こまつな」を提供しました。スムージーの無償配布は好評で、大勢の家族連れで賑わいました。

ひとのわカフェの様子.JPG

≪新鮮な大阪産農産物を使ったスムージーは大好評≫

 

 

屋外のピロティ広場においては、自転車シミュレーターを搭載した「すまいる号」を用いて、自転車を運転中に起こりうる危険を体験することで自転車運転時のルールとマナー、危険予測の学習を行いました。

自転車シミュレーターの様子.JPG

≪自転車安全運転診断の様子≫

 

 

夏休み最後の日曜日ということもあり、会場には家族連れを中心に約1万2,000人が来場し、終日賑いました。

 

 

 

飲食店関係者様

JAグループ大阪×ぐるなび「大阪産のお野菜さん」地産地消応援店舗募集

「大阪産のお野菜さん」の地産地消に賛同いただける飲食店舗様であれば無料にて応援サイトにお店の情報を紹介します。

   bnr_oyasaisan210.jpg  
参加可能対象店:大阪府内の飲食店で、「大阪産のお野菜さん」を取り扱い、 地産地消を応援する飲食店

※他にも条件・審査などがございますのでお問合わせ下さい。

お問い合わせフォームよりお願いします。

この機会にぜひ店舗のPRにお役立て下さい!

  ■「大阪産のお野菜さん」を扱っている飲食店

応援店舗バナー.png

大阪府内のJA直売所でも扱っております

直売所.png

関連記事