ホーム > ブログ > JAグループ > JA自己改革 > JA大阪中河内農業塾レポート#20210406

JA大阪中河内農業塾レポート#20210406

JA大阪中河内農業塾の第12回講義を取材してきました。

座学講義では、「夏野菜栽培のポイント」について西尾講師よりご講義いただきました。

(講義の様子)

image0.jpeg

実地講義では、ナスとピーマンの定植と、とうもろこしの播種を行いました。

初めに、西尾講師からナスを定植する際のポイントについて説明いただき、定植とビニールのトンネルの作成を行いました。

(ナスの定植)

 image3.jpegimage6.jpeg

image7.jpeg

ピーマンもナスと同様、定植後にビニールのトンネルを作成しました。

image10.jpeg

次に、とうもろこしの播種を行い、乾燥や鳥獣による被害を防ぐため、不織布を敷きました。不織布に杭を打った後、風で飛ばないように、端に土をかぶせました。

image8.jpeg

image9.jpeg

去年播種したそらまめとエンドウは、大きく生長しました。特にエンドウは2週間前は腰の高さほどでしたが、今では人の身長と変わらない高さになりました。これから大きく実るように、そらまめ、エンドウともに茎の間引きを行いました。

(そらまめ)

image11.jpeg

(エンドウ)

image12.jpeg

現在、圃場では下表のお野菜たちが生長中です。

 無題.png

今後もお野菜たちの生長が楽しみです!

 

 

関連記事