ホーム > ブログ > JAグループ > JA自己改革 > JA大阪中河内 農業塾レポート#20200915

JA大阪中河内 農業塾レポート#20200915

 JA大阪中河内が9月15日(火)に行った農業塾の第3回講義を取材してきました。

 まだまだ暑さは続きますが徐々に気温も下がってきており、前回に比べて実習がしやすい気候でした。

 

 

 

 

 

 座学は、西尾講師による「農業害虫」「セル成型苗づくり」についての授業でした。

 

 (講義の様子) 

line_77907473855746.jpg

 

 実地では、「セル成型苗づくり」「ニンジン(彩誉)の播種、ブロッコリー・キャベツ・白菜の定植」を行いました。

 

 セル成型苗づくりでは、玉ねぎとサニーレタスの培養土詰め、播種、覆土までを行い、作ったセルトレイは、各受講生が持ち帰り、自ら栽培管理をしていきます。

 下の写真はセル成型苗づくりを行ってる様子です。

 

 (培養土をセルトレイに詰めています)

 line_77906934491840.jpg

 

 (特殊な器具で、播種がしやすいように穴をあけています)

 line_77906404219601.jpg

 

 (種が小さく指で取りにくいときは、棒を使うを便利です)

line_77902920435696.jpg

 (真剣に作業をする受講生のみなさん)

line_77905930839549.jpg

 (播種を行ったあとは、軽く覆土します)

line_77905306469549.jpg

  

 

 

 

 ニンジン(彩誉)の播種、ブロッコリー・キャベツ・白菜の定植を行いました。

 line_77901368716322.jpg

line_77900796156218.jpg

 

 

 また、前回講義時に播種をした大根と定植したキャベツが順調に育っていました。 

(Before)

line_57067230443279.jpg

(After) 

line_77902080457311.jpg

 

 

 研修圃場の全体像はこちらです。

 

 

 

 

line_77899204828875.jpg

 (播種・定植した作物を下記のようにまとめていきますので、各作物の生長の様子を見ていただければと思います。

 手前の寒冷紗をかけているのがニンジンです。)

無題.png

 

 

 

 前回植えたキャベツ・ブロッコリーは年内収穫、今回植えたキャベツ・ブロッコリーは年明けの収穫を予定しており、受講生は収穫だけでなく、生長の違いが見れることも楽しみにしていました。

 

 引き続き、受講生の成長、野菜の生長を取材していきますので、次回もお楽しみに。

関連記事